バックグラウンド

シリアルコード - GRANSAGA SERIAL CODE

使用するボタン画像

※ 注意事項

  1. ·

    騎士団名には大文字/小文字の区分があります。ご確認の上、ご入力ください。

  2. ·

    ゲーム中の騎士団名と、上記シリアルコード入力時の騎士団名に差異がないかご確認の上、ご入力ください。

    ※騎士団名に記号や特殊文字が含まれる場合は特にご注意ください。(例:「・」と「•」など)
  3. ·

    使用済みのシリアルコードは使用できません。

  4. ·

    有効期限切れのシリアルコードは使用できません。

  5. ·

    シリアルコードは選択したサーバーに接続するとメールからお受け取りいただけます。

    ※正しく届いていない場合は、再接続をお試しください。
  6. ·

    シリアルコードを使用後、期間内に接続しないと報酬はお受け取りいただけません。

  7. ·

    シリアルコードを使用後、メールにアイテムが届くまでお時間がかかる場合があります。

  • ラス
    物語で聞いたグランナイツに憧れ、グランナイツとその
    リーダーであるグランロード・レオンに憧れている青年。
    両親はいないが、物心ついた頃から
    近衛隊長・カルリッツに育てられた。
    グランロードを目指し、今日も鍛錬を続けている。
  • セリアード
    記憶をなくした、ミステリアスな少女。
    デスナイトに追われているところを、ラスたちに助けられた。
    その後、ラスたちの騎士団に入団する事になるが、
    記憶が戻らないことに不安を抱えている。
  • ウィン
    常に仲間思いで責任感のある、
    ラス騎士団の実質的リーダー。
    ラスたちにとっては母のように優しく、頼れる存在。
    しかしながら、入団前の自分のことを話そうとしない。
  • キュイ
    優れた魔法の才能を制御できず、
    ある事件をきっかけに村から追い出されてしまった少女。
    その後、ラスに誘われ、騎士を志すことになった。
    今ではラス騎士団のムードメーカー。
  • カルト
    プライドが高いダークエルフ。
    天才だった兄と比べられながら生きてきた。
    兄の戦死の報を受けた後、ウィンの提案でラスたちの騎士団
    に入ることに。強くあらねばならないというプレッシャーに
    よりシニカルな性格となったが、裏で鍛錬を積む真面目で努
    力家な一面も覗かせる。
  • ナマリエ
    妹の治療費を稼ぐために傭兵になり、
    その後近衛隊長・カルリッツの提案で騎士団に入った。
    傭兵時代に培った能力のおかげで、即座な戦場判断に優れる。
    ルールに縛られるのが嫌いだが、寂しがり屋でもある。
    白馬の王子様に会いたいと夢見る、純情な一面も。
  • オルタ
    月光の森で起きた事件をきっかけに
    騎士団一行と出会い、協力する事になる。
    人当たりが良く優しいが、自分や故郷の事に関しては
    一切口にしない。
    一日も早く目的を達成し、故郷に帰ろうとしている。
  • ジュン
    セリアードやロム、イブが大好きな少女。
    彼女たちに接する時には、
    とても明るい人柄を演じている。
    本来は陰気な性格である一方、
    非情に徹しきれない一面も。
  • カイト
    冷静で寡黙な、凄腕の侍。
    オルタに対しては恭しく接するが、
    一部の人を除き非常に用心深く、頭が固い。
    ラスたちとは異なる文化圏で生活していたらしく、
    言動や行動の節々にラスたちとの「ずれ」を感じさせる。
  • ルイン
    セリアードと別れてから、クロエの傀儡として生かされて
    いた。セリアードの必死の呼びかけで失った記憶を取り戻
    した後、フィアーズの攻撃を受けて致命傷を負ってしまう。
    紆余曲折を経て、ルインは再び目覚めの時を迎える。
    冷淡に見えるが、感情表現が苦手なだけの少女は、
    自分なりの方法でセリアードを守ろうとする。
  • ユナ
    その振舞いから、どこか育ちの良さを
    伺わせる楽士の女性。
    肝心な場面では強い意思を見せる一方、
    普段は楽天的でお調子者な一面も。
    オルタやカイトとは面識があるようで、
    時折話し込んでいる様子が見られる。
  • カルシオン
    黒き龍・イスマエルを倒したグランナイツの一員。
    彼の出身や過去について明らかになったことはないが、
    遠い昔、「紫の刃」という異名で活動していたという噂がある。
    一時期は騎士団一行と敵対していたが、
    キーストーンに対する目的と真意を確かめた今は
    頼もしい助力者としてともに旅をしている。
  • LAS
  • SERIADE
  • WYIN
  • QUYI
  • KARTE
  • NAMARIE
  • ORTA
  • JUN
  • KAITO
  • LUIN
  • YUNA
  • KARCION
  • Flame Swordsman
  • Water Healer
  • Earth Guardian
  • Pyromancy Mage
  • Abysmal Assassin
  • Wind Gunner
  • Blade Mage
  • Puppet Mage
  • Frost Samurai
  • Fullmetal Lancer
  • Wind Bard
  • Royal Abysmal Assassin

SUPPORTING CHARACTERS

  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • npc
  • レオン
    黒き龍の戦争にて、グランナイツを率いて勝利に導いた
    伝説的な英雄で、グランロードと呼ばれた。
    ラグナデア王家を守ると誓ったが、
    ある日を境に姿を消した。
  • フィオナ
    兵士たちに尊敬される指揮官で、優れた剣術の持ち主。
    真っ直ぐな性格の彼女をラグナデアの王国軍は
    素晴らしい人材と評価する。
  • カルリッツ
    黒き龍の戦争にて、レオンとともに
    黒き龍を倒したグランナイツの一員。
    現在はラグナデア王国の近衛隊長を務めている。
    ラスとキュイにとっては父のような存在。
  • レア
    先王を早くに亡くし、幼いながら
    ラグナデア王国の女王となった。
    今はラインヒルト壮長とクロエ大司教に
    助けられながら、王国を治めている。
  • ラインヒルト
    黒き龍の戦争にて、レオンとともに黒き龍を倒した、
    グランナイツの一員。
    現在は、騎士団を束ねる立場でありながら国政も担う、
    ラグナデア王国の壮長という職務にあたっている。
    女王であるレアの、政治面での補助を担う。
  • カルシオン
    黒き龍の戦争にて、レオンとともに黒き龍を倒した
    グランナイツの一員だった。
    暫く姿を見せていなかったが、再びラグナデアに現れた。
    数々の不可解な行動を繰り返し、ラスたちを翻弄する。
  • エリサ
    優秀な成績で騎士学校を卒業し、騎士団支援部に配属された。
    かなりの努力家で、持ち前の可憐さと人懐っこい性格で、
    人々に愛されている。
  • ベイル
    女神に対して、絶対的な信仰を持つ司教。
    温和な性格で身分や所属に関係なく平等に接するため、
    教団兵たちから畏敬の念を抱かれている。
  • イブ
    ラグナデアの聖木を管理している不思議な少女。
    グランソウルとグランウェポンについて、誰よりも詳しい。
    この世界の人々とグランソウルを、聖木を通じて繋ぐ
    役割を担う。
  • エイパ エダン ロアム
    ラスたちの騎士団が行く先々で会う、お騒がせな騎士団。
    高飛車な性格だけど、どこか憎めないエイパがリーダー。
    ロアムはエイパの保護者のような存在で、
    エダンは体の弱いエイパの主治医のような存在。
  • ベル
    エスプロジェン一の知識人であり、学者。
    かなり気難しい性格だが、学者らしく
    好奇心に満ち溢れている。
  • エレノア
    気難しいベル教授の、唯一の助手。
    恐ろしいほどに、どこか抜けている。
    行く先々で問題を起こすので、
    歩く時限爆弾と呼ばれることも。
  • クロエ
    ベルティ女神を崇拝する、教団の大司教。
    教団で最も大きな権力を持っている。
    落ち着いていて慈悲あふれるその笑みは、
    エスプロジェンの人々の心の支え。
  • LEON
  • FIONA
  • KARLITCH
  • LEA
  • REINHILT
  • KARCION
  • ELISA
  • VEIL
  • EVE
  • AOIFE ETHAN LOAM
  • PROFESSOR BELL
  • ELEANOR
  • CHLOE

GRAN
WEAPONS

時空を超えた存在との出会い
  • クレイトン
    黒霧の翼
    エスプロジェン大陸に毒の霧を撒いたと
    謂われる伝説の古龍は、ある時姿を消した。
    そしてある時、ある一人の男が現れた。
    その男は知的で有能、物腰が丁寧な執事の
    鑑であったが、只者であるはずが無かった。
    邪魔者と見做され、冷たい言動と共に鋭い眼光を
    向けられた者は、例外も無く魂が震え上がった。
  • バリ姫
    魂を導く者
    その女は美しかったが、誰の手にも余る人間だった。
    自分の気分のままに、或いは自分という存在を
    示す為に悪戯をしては、両親に許された。
    時が経ち、女は歳を取り、両親は墓に眠った。
    女は自分の若さを取り戻そうとして、旅に出た。
    苦難の果てに「転生の花」を手にした時、
    女はとうとう悟りを開いた。
  • ラフィエル
    ベルティの節制
    少女は絶望の果て、願いを叶えると云われる
    禁忌の聖杯に手を伸ばした。その代償に命を
    節制された少女は封印され、長きの時を微睡
    んだのちに覚醒し、翼を授かった。そして、
    あらゆる欲を戒め、節制を説く大司教とな
    った。ただ一つの願いを、忘れたままに。
    「内なる欲望を、節制せよ」
  • ヘセエル
    ベルティの慈愛
    その男は容姿で、溢れる才能で、寛大な心で、
    人々や自らをも魅了した。男は、その魅力相応の
    野望を持ち、ベルティ教団を我が物にせんとした。
    しかし、あと一歩手中に収めるには至らず、
    逆に女神に感化され、入信する事となった。
    その後の男の心中は、彼のみぞ知る。
    「他の者を慈しみ、愛せ」
  • シン
    海辺のお出かけ
    その亡国の王にとって潮風の香りや
    漣の音は、逃れえぬ過去の呪縛だった。
    それでも王は、自身の過去と向き合う
    覚悟を決める。王は、自身が憧れる
    強き者を伴い、再び海辺へと舞い戻る。
    自身の弱き心と決別し、星となった
    民に償いをする為に。
  • シア
    ひまわりの少女
    ある日、機械人間の少女は、ピクニックに
    興味を持つ。大切な人と共にピクニックに
    行くことにした少女は、自身の記憶回路を頼りに
    「ある場所」を選ぶ。心を躍らせた少女が見たものは、
    照りつける日差しの下、一面に咲く黄金色の景色。
    吹き抜ける心地の良い風は、かつての淡い記憶を運ぶ。
  • ウンハ
    神聖な九尾の狐
    900年。九尾の狐は、修行の日々を過ごした。
    ある時狐は、人間の男に恋をしたが、
    想いを伝えられぬままに男は去った。
    狐は恋しさから男を追い、やっと見つけた男は、
    戦場の中で果てていた。
    狐は男の未練を全て晴らした後、男の墓に寄り添い、
    共に眠った。
  • ホンギルドン
    神出鬼没の英雄
    男は風のように現れては善行を重ね、
    いつしか民の中の英雄となっていった。
    民は英雄となった男に憧れ、為す事を
    模倣する信奉者も後を絶たなかった。
    模倣は、男が望まぬ火種をも生んだ。
    男は新しい国を作ると嘯き、風のように
    去った。彼を盲目的に慕う、信奉者と共に。
  • 嘉言大師
    考える修行者
    嘉言は人間を眺めては、
    考えに耽る事が多かった。
    その様は、悟りを開く過程にも似ていた。
    やがて嘉言は、全ての者を「助ける」為に動いた。
    曰く、全ての者は善なる心を持っている。
    悪事を働く者はそれを忘れてしまっている
    だけだ、と。
  • ヨンノルブ
    反省する者
    ヨンノルブは、傲慢な人間であった。
    ある時過ちを犯してしまったが、
    それを心優しい弟が救った。
    以来ヨンノルブは反省し、あらゆる
    意味で生まれ変わった。
    ただ、慎み深くなった後も、生来の
    口の悪さだけは直す事はできなかった。
  • セト
    災いの種
    その精霊は、敬虔な者たちを護る、
    ある砂漠の守護者であった。
    その精霊は、人間より上に立つ者として、
    時に願いを聞き、不届き者を罰した。
    しかしそれらが全て侵略、そして敗北に
    よって風塵と化した時、精霊の心は復讐心
    という名の黒い砂嵐に覆われた。
  • ゼウス
    雷の吐息
    その強さ故にゼウスの雷名は、かつて世界に
    広く轟いていた。誰もが雷を見れば恐れ、
    誰もがその姿を見れば崇めた。そんな
    ゼウスは唯一人、ある平凡な男を愛した。
    ゼウスが傲慢だった故に、人間とは種が
    異なった故に…。そして、悲劇は起きた。
  • ザキエル
    ベルティの正義
    その男は善良な人間だったが、冤罪で捕まり牢獄に
    入れられた。彼は曇りなき目で、獄中の歪んだ人格を
    見せられ続けた。牢から出た男は女神に教えを求め、
    正義の二文字を示された。そして男は正義という
    名の信念に縋り、歪んだ正義を振るう者となった。
    「正しく振舞い、正義を守れ」
  • ルシエル
    ベルティの迫害
    病弱な少女の願いはただ一つ。「病に侵されて
    いない普通の人間の身体」だけだった。その願いに
    耳を澄ました黒き光は、少女に鞭打って歪んだ恵み
    を授けた。やがて少女は、「病に侵される事のない
    人形」に生まれ変わった。そして、少女が持って
    いたただ一つの人形は、意思を持つ唯一の家族と
    なった。「信仰とは、迫害の中に花咲くもの」
  • オペス
    奇跡を夢見る花嫁
    「彼」が忘れられないオペスは、
    悲観的になってしまっていた。
    そんなオペスは、花嫁修業を通して
    自身を磨く決意をした。
    いつか訪れる再会を信じて。
    その先にある奇跡を信じて。
  • インフェルニ
    幸せを運ぶ花嫁
    あまりにも真面目なインフェルニは、
    自身を着飾る事を忘れてしまっていた。
    それゆえ、贈られた華美なウエディング
    ドレスを纏うインフェルニは困惑した。
    自身に対して向けられる、賛辞の声に。
    記憶の奥底から蘇る、幸せだった記憶に。
  • アザエル
    ベルティの審判
    その男にとっては、力こそが全てだった。
    力を持つ者を好み、持たざるものは不要と断じた。
    女神から翼を授かった時も、それが覆る事は
    無かった。男はただ力を求め、強者の楽園を
    只管に望み、進み続けた。
    「力を持つ者に、従え」
  • タニエル
    ベルティの愛
    少女は、愛に飢えていた。家の中で、少女を愛してく
    れる人は誰も居なかった。愛を求めるが故に少女は、
    家に火を付けた。愛を求めるが故に少女は、
    いつまでも彷徨った。やがて少女は女神に出会い、
    気が付いた。あらゆるものから愛されるには、
    自分があらゆるものを愛せばいいのだと。
    「自らを虐げてくる者をも、愛せ」
  • ラマエル
    ベルティの信頼
    女は、至って普通の農民だった。
    しかしある時、村に略奪にやって来た盗賊を、
    手に持った鍬で殺した。女は、「女神の啓示を
    受けた」と告白した。以来女は「女神の騎士」を
    名乗り、「悪」を滅ぼす光となった。
    「女神を信じ、忠誠を尽くせ」
  • セフィエル
    ベルティの慈悲
    その女は慈悲深く、奇跡の力を持つと
    称され、名を馳せていた。その力に縋ろうと
    する者たちが、こぞって女の元を訪ねた。
    教団の大司教でもある女が、どのような目的
    を持ち、どのような苦難を経たかも知らずに。
    「苦難に、屈するな」
  • メズラエル
    ベルティの知識
    女は他人を見下し、自らの能力を証明する
    為に幾つもの発明をした。教団の大司教に
    上り詰めながらも、女は更に高みを目指した。
    女は、自らの持つ知識を全て注ぎ込んで
    エアーシップを開発し、傲慢にも神の頂にまで
    手を伸ばした。「知識に、安住するな」
  • ウラエル
    ベルティの権威
    ある時、部族の神への供物にある男が選ばれた。
    しかし男は、燃え盛る炎の中から生きて
    帰ってしまった。それから男は炎を自在に
    操るようになった。揺らめく炎の様な気性を
    伴い、目につくものを燃やした。そんな炎に
    魅せられた男に、女神は翼を授けた。
    「手段を選ばず、悪を罰せよ」
  • カンリム
    冥界への案内者
    「死は平等であれ」彼は信念を持ち、
    死神となった。彼は死神として、
    清くその務めを果たそうといていた。
    しかしその信念は、平等とは言えない
    死と、死神としてのしがらみの前に、
    儚くも崩れ去った。
    彼は今でも死神だが、その働きぶりは…。
  • スサノオ
    激浪の刃
    傲岸不遜、傍若無人。
    精霊界や顕現した地で好き勝手に振舞える理由は、
    彼女がただ強者であるという事実、ただ一点のみ。
    それは彼女の父によってその強大な力の殆どを封印さ
    れてもなお変わらず、相対する者は悉く、
    塵芥と化す。
    ある目的を達する為、彼女は今日も我が道を往く。
  • リーゼ
    黄昏の花嫁
    「赤花」の病に侵された女は、病を治そうと
    する男と恋に落ちた。男は、「赤花」の病を
    必ず治すと誓い、二人は幸せの時を過ごした。
    しかし、「赤花」の病を治す術はとうとう
    見つからず、やがて二人の命は、「赤花」が
    もたらす花に埋もれていった。
  • アリサ
    幻想の少女
    不思議な懐中時計を持つ、不思議な少女。
    親しみやすさを持ちながらも、機知に富む。
    風の噂では、彼女は「別のどこか」から
    来たという。
    少女は駆け出す世界に目を輝かせながら、
    今日も冒険を続けていく。
  • ヴィルヘルム
    不幸を食らう者
    ある地を平和に治めていた賢王は、ある時を
    境に狂いだした。ありとあらゆる者の不幸を望んだ。
    悪魔と賭けもした。自身の国を、自ら滅ぼした。
    自身の名声を、自ら地に叩き落した。
    そうして賢王だった男は女神に裁かれ、笑顔のままに
    死んでいった。
  • オフィリア
    二つの顔を持つ姫
    「自信に満ち溢れて行動力に富む、
    行動派の姫」。姫となった少女は、
    冠に自己暗示を託す。
    しかしその自己暗示は、少女を生かす為の
    仮面であり、呪縛でもある。少女は仮面を
    被ったまま、今でも怯えているのだから。
  • シニー
    シャイなマネージャー
    失敗ばかりのメイドの少女はある時、決心をする。
    もっと経験を積み、主人が誇れるメイドになると。
    そうして少女が経験を積む為に選んだ道は、
    部活のマネージャー。今日も努力と失敗を
    積み重ねながら、自身の才が花開く時を待つ。
  • チリア
    恐怖の風紀委員
    全ては、若さゆえに道を踏み外そうと
    する者を導くために。少女は自作の
    腕章を拵え、騎士学校へと向かう。
    しかし、優しくて前向きな少女には
    何故だか、恐ろしい噂が付き纏った。
    曰く、彼女は悪魔だ、と。
  • ハトウ
    永遠の挑戦者
    ハトウは、由緒正しい鬼の名家で生まれ、
    間違いなく有能な鬼であった。
    鬼は勝利を積み重ねていくと、態度もまた
    大きくなっていった。そして鬼は惚れた
    女の気を引く為、最強を名乗った。
    それが没落と、挑戦の始まりであった。
  • ナゴミ
    大洋を切り裂く者
    飛べない天狗の少女は、同族から
    見捨てられるのは当然の理だった。
    少女は独り、孤島を包まんとする
    大波を見て、叫んだ。その声で海は割れ、
    少女は己の力に気付いた。しかし、割れた
    海を渡り故郷に帰った少女を待っていた
    ものは、形を変えた孤独であった。
  • ケイ
    刀の仙人
    その男は、ひたむきに刀を振るい、
    高尚な理想を掲げた。
    やがて男は、刀の仙人と呼ばれるようになった。
    それでも果て無き道の頂きを目指し、歩いた。
    そして男は絶望という名の石に躓き、
    道を外れて転げ落ちていった。
  • ユウカ
    予測不能なカオス
    宇宙の彼方にある、カオスワールド
    からの帰還者。カオスホースに跨り、
    カオスフォンで更新し、ワクワクする
    カオスワールドを旅していた。
    カオスパワーを用いた剣術は、
    誰をも寄せ付けない。…と、彼女は嘯く。
  • ポセイドン
    蒼海の盟約
    七つの海を支配した海の王は、傲慢だった。
    傲慢であるがゆえに、海の王は空の怒りを買い、
    その怒りは伴侶の精霊へと向けられた。
    海の王は伴侶を失い、嘆いた王は
    残された指輪に彼女の星座を入れた。
    そうして海の王の伴侶は、
    今も海の王と共にいる。
  • ヘリオス
    太陽の主
    高き場所より世界を眺める、太陽の主たる少女。
    地上に温もりと威厳を惜しみなく注ぎ、
    悪しき者を焼く。
    だが少女は、永い間独りであった。
    それがゆえに新しい出会いに心惹かれ、
    赤子のように求めるのだ。
  • トリスタン
    誓約の騎士
    彼の胸に刻まれた使命はただ一つ。
    それは、自らが認めた主君の傍らで、
    主君を護る事。
    例え主君と引き離されようと、
    その忠義は揺らぐ事は無かった。
    しかし、その強すぎる忠義は、
    彼の傍らで語らう友をも拒んでいた。
  • ハデス
    禁域の管理者
    死の地とも呼ばれる禁域は、邪悪な者たちを
    封印した場所で、ハデスが管理していた。
    ある時ハデスは、禁域の邪悪な怪物と共に地上を
    侵略した。あらゆる者たちを敵に回したその
    蛮行は、彼女を忘れゆく者たちへの、彼女の
    自己顕示だった。そして裁きを受ける事になった
    彼女は読み上げられる罪状を聞いて、咽び喜んだ。
  • セルフィリス
    臆病な死神
    ある時、男が権力者に濡れ衣を着せられ
    た挙句、処刑された。男の妻は臆病で、
    この惨劇に声をあげる事すらできなかった。
    愛する者を喪った彼女は悪魔と契約し、
    肉体を捧げて死神となった。
    死神はただ静かに、
    権力者に死の呪いをかけた。
  • ダグラス
    呪いの王
    愛する女性を王に取られた男は恨みの中、
    王が持つ権力に目を付けた。すなわち、
    富や人の心は、権力さえあれば自在に
    操れると。男は手段を選ばずに手を尽くし、
    とうとう王を斃して成り代わった。
    久方ぶりに会った男を見た女性は
    恐怖のあまり、自ら果てた。
  • リエン
    希代の悪鬼
    その悪鬼は永く生きすぎて、あらゆる
    事に感情を持たなくなった。人間が創る
    歴史の裏側で悪鬼は、素質を持つ者に
    祝福を与えては、その興亡を傍観した。
    誰にも肩入れしないその様は、神にも
    似ていた。だが、悪鬼の行為の全てに、
    意味など無かった。
  • バドル
    遅れてきた救世主
    ある時王は、かぼちゃの精霊に唆され、
    王国を捨てて世界を旅した。
    王が後悔し、王国に戻った時には、
    王国は存亡の危機に直面していた。
    王はその優れた手腕で、王国の
    危機を救った。そして、一度は王に
    捨てられた王国は、王を捨てた。
  • アテナ
    戦争の女帝
    戦場の臭い、互いの得物を交える音、
    極限の刺激、そして勝利。彼女は
    精霊ながら戦いに憑りつかれ、酔い、
    そして飢えていた。彼女は唯一、
    戦いこそが自身を満たすものと
    信じていた。だからこそ、争いが
    絶えない人間界に、喜んで飛び込んだのだ。
  • アグニ
    破魔の炎
    悪魔と不正を嫌う、審判の者。
    悪魔を灰にする破魔の炎と、悪魔よりも
    荒い気性で、あらゆる悪魔を震え上がらせた。
    そんな彼とて、油断する事はある。
    彼から唯一逃れたある大悪魔を、
    今も彼は追っている。
  • コベット
    月への願い
    血の色のマントを脱ぎ捨てた少女は、不思議な
    動物と心を通わせ、その動物と共に過ごすようになる。
    大切な人とともに過ごした記憶は心の奥深くに刻まれ、
    輝く宝物となる。また新たな一年が始まっても、
    少女の願いは変わらない。
  • ハル
    切なる祈り
    年の暮れ、美少年ハルは
    新たな年を迎える準備をしていた。
    新年を迎えるハルの様子は、
    どこか普段とは違っていた。
  • ロザリア
    聖夜の贈り物
    誰もが寝静まる真夜中の街を、赤い影が
    颯爽と歩く。今年のサンタクロースは
    不格好な白髭を揺らし、いたずらな
    微笑みを浮かべながら、人々に幸せを
    届けようと奮闘する。
  • チヨ
    聖夜の眠り姫
    妖精の少女は、箱の中で眠りに就いていた。
    不意に箱の蓋が開かれると、そこには
    いつもと少し違う夜と、煌めく星が
    待っていた。
  • ツバサ
    神木の後悔
    ある種族が滅亡を遂げた土地の神木に魂が宿り、
    それはやがて付喪神となった。ツバサの名を
    持つそれは、毎晩夢を見て、うなされた。
    その夢とは、自らの手の届くところで亡くなって
    いった人々の最期の光景だった。そして彼はその
    後悔をずっと引きずり、人を守る事に執着するようになっていった。
  • カン
    無頼の賞金稼ぎ
    カンはそれなりに有名な賞金稼ぎだった。
    性悪だが、実力だけはずば抜けていたため、
    人々は彼が姿を現すと歓声を上げた。カンは金と
    酒にしか興味が無いそぶりを見せていた。しかし、
    ある村にカンの恋人がいるという噂が立つと、
    カンは言葉を濁した。結局、噂の真相を知る者は現れなかった。
  • マユキ
    千の剣
    マユキは、ある妖刀に宿っていた。時間が
    経つほどに自我を無くし、その意識は限りない
    闇と呪いの中を彷徨った。そんな彼女を妖刀から
    出してくれたのは、ある一人の人間だった。
    しかし、マユキが自我を取り戻す頃には、自分を
    助けてくれた人間は忽然と姿を消した。そうして
    マユキは、自らを救ってくれた恩人を探す旅に出た。
  • ザト
    不吉な紫瞳
    紫瞳で生まれたザトは不吉な目を持っていると両親に
    よって森に捨てられてしまった。その後彼は、森の仙
    人に拾われて育てられた。ザトはいつか森を通った人
    間の姿が自分にそっくりなことに疑問を持ち、仙人に
    尋ねた。自分が人間である事を知ったザトは自分の目
    を隠し、人間の村へ向かう事にした。
  • マグヌス
    炎の騎士道
    騎士でもないのに誰よりも騎士道を重んじており、
    正義を求める。
    いつも堂々としていて元気なので誰も気づいて
    いないが、極度の方向音痴でとにかく迷う。
  • メルテス
    静寂の竜巻
    その外見から冷やかな印象を与えるが、実はすぐに
    恋に落ちるロマンティスト。
    小さな共鳴も見逃さず、すぐに召喚に応じてずっと
    召喚者と一緒にいたがるが、残念なことに召喚者の
    ほとんどはメルテスが強すぎて扱いきれなかった。
  • イングリッド
    業火の支配者
    実力、血統、頭脳すべてが完璧な騎士。
    プライドと自信に満ち溢れている。
    グランウェポンなのに、まるで自分が
    ラスの主のような行動を取る。
  • バアルザード
    暴君の守護者
    最初の暴君に仕え、史上最悪の騎士と呼ばれた者。
    その肩書から何度も暴君に召喚されてきたが、
    彼女の目は、肩書からは考えられない寂しさを宿す。
  • アイシャ
    海の女王
    美しい外見と声で女神の寵愛を受けた、精霊の女王。
    悲劇的な最期を迎えたが、
    聖木を通じてグランソウルとなった。
  • 河伯
    押し寄せる激流
    周辺の部族に、神として崇められている川の精霊。
    静水のごとく落ち着いている外見からは考えられない
    ほど、内面には激情という名の激流が流れていた。
  • ヒフォクス
    水龍の怒り
    水龍の呪いを解き、その対価として彼を操れる
    ようになった水龍の契約者。
    やろうと思えば世界を支配できる力を手に入れたが、
    そもそもヒフォクスにそのような欲はなかった。
  • ドロレス
    サンゴ礁の歌
    海に捨てられた子供で構成された<波音楽団>の
    団長であり、指揮者。
    ドロレスが指揮をとっているのは、扱える楽器が
    ないから。楽団の演奏がめちゃくちゃなのも、
    ドロレスには指揮の才能がないからである。
  • サマエル
    機械天使
    空を支配していた、機械文明の天使。
    彼女の体は設計者によって分解され、
    再構築された。
  • エイブリー
    星を飲み込んだ悪魔
    食べても食べても食欲が満たされず、とうとう
    悪魔と化してしまった、ある意味哀れな女の子。
    その空腹はグランソウルになってからも収まらず、
    自分を召喚した者すら食べてしまいたいと、
    ずっと機会を伺っている。
  • セヘラザド
    炎の祝福
    ある日継母に買収された狩人によって
    森に捨てられたセヘラザド。
    独りになった彼女の前に、長い間セヘラザドを
    守る事になる巨大なムムが姿を現した。
  • テレミス
    雲龍の神官
    雨と雲の時代、空を支配する雲龍に仕えた神官のテレ
    ミス。土地を欲した周りの部族が彼女たちの地を襲い
    、それを目の当たりにしたテレミスの精神も崩壊して
    しまった。妹のアルセアとピクニックに行く約束をし
    てそれが叶わなくなったその日にだけ、正気に戻る。
  • ヘゲナ
    夢見る巫女
    銀月の祝福が満ちた夜に生まれたヘゲナは、
    生まれてから不思議な能力を持っていた。
    それは、強く願った事を具現化できる能力。
    その能力をもって彼女は小さい頃、夢の中で自分を
    守ってくれた双子のライオンをこの世界に誕生させた。
  • ヴェサ
    迷う怒り
    ヴェサは、深い森にある岩の精霊だった。
    ある日、人間による火事で森が燃えてしまい、
    怒り狂ったヴェサは人間を罰した。
    それ以降は森を離れ、あてもなく
    彷徨う事となった。
  • シルバノ
    慈悲の賢者
    世の真理を悟り、森の洞窟に入って
    余生を送った賢者のシルバノ。
    彼に説得された暴君と化した王は、
    国に戻って戦争を終わらせ、
    王国は平和を取り戻したとか。
  • サビーナ
    戦場の舞姫
    サビーナが行く先には、
    常に熱狂が渦巻く。
    それが街でも戦場でも、
    決して静かになる事はない。
  • シルフィード
    春の香り
    幼くて小さな春の精霊シルフィードは、
    初めて春の雨粒が落ちた花びらから生まれた。
    シルフィードからは、
    かすかに花の香りがする。
  • セオドラ
    銀の女王
    風を崇拝する月光の森の、妖精一族の女王。
    生まれながらの女王であったかのような振舞いを
    見せるが、彼女の過去は何にも、誰にも知られて
    いない。妖精族の誇りである彼女の翼には、
    古代の風が宿っているとか。
  • エリヤ
    巨人の息
    巨人族の中でも最も大きな、太陽巨人族。
    エリヤはそんな太陽巨人族の中では一番小さな子で、
    一族から子供扱いされながら育った。グランソウルと
    なって初めて人間に会った時、小さなエリヤは
    自身よりとんでもなく小さい人間に驚いてしまった。
  • ゼルティオン
    影の短刀
    自身の暗殺術が絶えてしまう事を恐れて後継者を
    探していたが、とうとう彼が認める者に
    出会えないまま歴史に埋もれる事となった。
    グランソウルになった後は、自身が認めた後継者と
    なりうるナマリエを説得する日々を送っている。
  • ヌネット
    闇の瞳
    ゼルカの血のつながっていない妹。
    母から闇を見抜ける目を受け継がれており、
    人々の生死を予測することができる。
  • バラク
    深淵の狼
    古代ウェアウルフの最後の生き残り、バラク。
    彼はこの世に存在するすべての狼の守護者であり、
    深淵の守護者でもある。
  • イリスと
    アルケ
    双子の精霊
    双子の精霊、イリスとアルケ。
    イリスはアルケを喜ばせるために
    自分の羽を千切ってアルケに渡し、
    光の力を失った。
  • ゼルカ
    漆黒の君主
    ゼルカが生まれた日、世から光が消えたという。
    ダークエルフの王族だった両親の後を継いで
    漆黒の君主となった。
あなたの力となる この世界の記憶と幻想 カードをタップしてアーティファクトを召喚
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
  • サムネイル
card image
artifact image
artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image artifact image
glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image glow image
ビデオ再生ボタン ビデオ再生ボタン

contents

  • 無限の書庫

  • 降臨戦 & 殲滅戦

  • アリーナ

  • 騎士団 & ギルド会館

  • 封魔の祭壇

  • 精霊王の試練

  • パルヴァネの戦場

  • 撃滅戦

  • 知識の宝庫を守るモンスターと
    罠を突破して力を手に入れよう

  • 各地に現れる巨大ボスを
    仲間と共に倒そう

  • 他の騎士団と腕を競い
    強さを証明しよう

  • 騎士団メンバーと話ができる騎士団会館と
    ギルドメンバーと楽しめるギルド会館

  • 封印を解こうと試みる
    強力なモンスターに挑もう

  • ギルドメンバーと協力し、
    精霊王の試練を克服しよう。

  • 女神パルヴァネの加護を受けて
    最強ギルドの座を競おう

  • 強力なボスを撃滅して
    特別な防具を手に入れよう

ボス バックグラウンド

ボスモンスター

boss monster
戻るボタン 戻るボタン
戻る
Special

Special

天野 喜孝

アートワーク、ロゴデザイン
巨匠、天野喜孝氏の世界観と <グランサガ> の融合

Special

Special

下村 陽子

<グランサガ>で音楽制作を担当
ゲームミュージックで数々の名曲を生み出してきた
下村 陽子と、<グランサガ> との出会い

Special

Special

声優

圧倒的な表現力で、
キャラクターに命を吹き込む。
豪華声優陣が作り上げる <グランサガ> の世界。

MOVIE 背景
OST 背景
  • アートワーク 背景画像
  • アートワーク 背景画像
  • アートワーク 背景画像
  • アートワーク 背景画像

MEDIA

Open The Door
  • 作曲 - 下村 陽子
    軽快で明るい雰囲気の曲調で
    ときめきに満ちた旅立ちを連想させる
  • 作曲 - 下村 陽子
    神秘的で、尚且つ穏やかな雰囲気を醸す
  • 作曲 - 下村 陽子
    何か素敵なことが起こりそうな予感のする
    明るく軽快な曲調が魅力的
  • 作曲 - 下村 陽子
    戦闘に出る前にキャラクターが
    武器などの整備を行う場面をイメージした曲
  • 作曲 - 下村 陽子
    暖かな庭園を連想させるような明るく穏やかな一曲
  • 作曲 - 下村 陽子
    勇猛な騎士たちの姿をイメージしている
    エネルギッシュな演奏が特徴
  • 作曲 - 下村 陽子
    明るく活気あふれる雰囲気の演奏が特徴
    大都市の賑わいを表現した一曲
  • 作曲 - 下村 陽子
    ラスのテーマ曲
    ラスのまっすぐで優しい人柄を連想させる曲
    どんな苦難にも屈しない性格を表現している
  • 作曲 - 下村 陽子
    キュイのテーマ曲
    キュイの明るく活発な性格を連想させる曲
    彼女特有の可愛さを表現した演奏が特徴
00:00
00:00
Open The Door